Filter
Exclude
Time range
-
Near
GRUBの設定ファイルは、ディストリビューションによっては/boot/grub/grub.confとなる場合がある。 #lpic
0
0
0
0
シェル変数を環境変数に変更することのできるのは、exportコマンドである。 #lpic
0
0
0
0
パッケージ管理システムは、パッケージのインストール・アンインストールにおいて、パッケージ同士の競合を防止したり、依存関係を管理することができる。 #lpic
0
0
0
0
bzip2コマンドで圧縮されたファイル「xxx.bz2」を解凍するときは、bunzip2コマンドを用いる。bzip2に-dを付けるのでもよい。 #lpic
0
0
0
0
国際基準のLinux認定資格《LPIC》は、現在も継続して取得可能です🐧🌟 受験履歴やIDの移行、資格名の変更等はございません。 過去に取得された方はこちらのマイページから、資格の有効期限をご確認いただけます。 cs.lpi.org/caf/Xamman/candid… ご存知でない方へ、ぜひ拡散お願いします👀 #linux #lpic
0
1
0
1
ユーザを新規作成するコマンドはuseradd、ユーザ情報を変更するコマンドはusermod、ユーザを削除するコマンドはuserdel、ユーザパスワードを変更するコマンドはpasswdである。 #lpic
0
0
0
0
SUIDはその性質上、セキュリティホールになる危険がある。SUIDを付与したプログラムを悪用して攻撃の手段とされるなどならないよう、システムの運用をしなくてはならない。 #lpic
0
0
0
0
ユーザアカウントの情報は/etc/passwdに格納されている。 #lpic
0
0
0
0
行単位でファイルの内容を並べ替えるコマンドはsortである。デフォルトは昇順となる。降順に並べ替える場合は-rオプションを付ける。 #lpic
0
0
0
0
OpenSSHの設定ファイルは、/etc/ssh/sshd_configとなる。 #lpic
0
0
0
0
UDPはコネクションレス型のプロトコルで、送信先にパケットがとどいたかは確認しない。 #lpic
0
0
0
0
Sambaに付属する「SWAT」と呼ばれるGUIツールを使用する場合は、xinetdが必須となる(SWATはxinetdに依存するため)。 #lpic
0
0
0
0
OpenSSHにはバージョン1と2がある。1ではRSA、バージョン2ではRSAおよびDSAが採用されている。 #lpic
0
0
0
0
headコマンドは、ファイルの先頭を表示する。オプションに何も指定しない場合、先頭から10行を表示する。 #lpic
0
0
0
0
引数に指定したファイルが、元々どのパッケージからインストールされたかを知りたい場合は、dpkgコマンドに-Sアクション(あるいは--search)を指定する。 #lpic
0
0
0
0
apt-getコマンドのサブコマンドであるupgradeは、システム上の最新パッケージリストを参照し、該当する最新パッケージをインターネットからダウンロードし、インストール/アップデートする。 #lpic
0
0
0
0
whichコマンドは、環境変数PATHに基づき、コマンドの絶対パスを表示する。 #lpic
0
0
0
0
RPM形式パッケージの依存関係を調べるには、rpmコマンドに-qRオプションを指定し、引数としてパッケージ名を渡す。 #lpic
0
0
0
0